プルエストの全成分を徹底解析!期待できる効果や副作用の危険度は?

 

この記事ではプルエストの全成分を一覧でまとめています。

 

各成分の期待できる効果や副作用の危険度を一覧でまとめてみましたが、結論から言うとプルエストは非常に安全性の高い洗顔ジェルです!

 

プルエストの安全性を確認したかっただけ、という人は一番お得な公式サイトを、成分について詳しく確認したい人はこの記事をチェックしてみて下さいね。

 

 

成分名 期待できる効果 副作用の危険度
水道水など常水を蒸留またはイオン交換樹脂を通して精製し、不純物を取り除いた水のことです。
DPG 肌に対するベタつきが少なくサラッとした使用感で、ベース成分の保湿剤として使われています。
グリセリン アルコールの一種です。水に溶けやすく水になじみやすい性質を持っており、吸湿性も持ち合わせています。
BG 水とよく馴染む性質があり、高い保水性で肌をしっとりさせます。抗菌効果もあり防腐剤を補助する役割もあります。
ココアンホジ酢酸2Na 非常に刺激が少ない洗浄成分で主に助剤、コンディショニング成分として使用される成分です。
グルコマンナン 高い保湿効果と優れた洗浄力で、素肌をしっとりつるつるに仕上げ、キメの整った化粧のりよい素肌に導きます。
カラギーナン 主に食品分野で、ゲル化目的でゼリー類、デザート類に、分離防止目的でアイスクリームなどに使用されています。
サピンヅストリホリアツス果実エキス サポニンという天然の界面活性剤が多く含まれるため、古来より石鹸やシャンプー、洗剤として幅広く利用されています。
カミツレ花エキス 抗炎症作用、収れん作用、 抗菌作用、血行促進作用目的で化粧品に配合される成分です。
トウキンセンカ花エキス 優れた消炎作用、鎮痛作用、 創傷治癒促進作用、毛細胞賦活目的で化粧品に配合される成分です。
フユボダイジュ花エキス 活性酸素消去能およびヒスタミン遊離抑制による抗炎症作用目的で化粧品に配合される成分です。
ヤグルマギク花エキス チロシナーゼ阻害、抗糖化、抗酸化、抗光老化、美白、くすみ改善効果などがある成分です。
ローマカミツレ花エキス 抗炎症作用、収れん作用、 抗菌作用、血行促進作用目的で化粧品に配合される成分です。
ゴボウ根エキス 多糖類の一種であるイヌリンを含んでいます。そのため、ニキビや肌荒れ改善効果があります。
レモン果実エキス コラーゲン(タンパク質)の生成にも深く関わっているため、 しわ たるみ の予防にも効果が期待できます。
ホップ花エキス 香料、皮膚コンディショニング剤、沈静剤、皮膚軟化剤、滅菌剤として使われ、保湿や収れん作用などがあります。
セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス 花と葉から抽出して得られるエキスです。収れん効果に優れ、肌のキメを整える働きがあるとされています。
セージ葉エキス 古くから薬草として使われています。強い収れん作用、抗菌作用、血の巡りを良くする効果などがあります。
サボンソウ葉エキス 天然の洗浄作用および乳化作用、脂漏抑制作用目的で化粧品に配合される成分です。
ココアンホ酢酸Na 洗浄剤、乳化剤、帯電防止、ヘアコンディショニング剤 として化粧水やシャンプーなどに使用されています。
ラウリルスルホ酢酸Na 酸性域で良好な泡立ちを示す界面活性剤。主に弱酸性製品の泡立ち補助などに使われる成分です。

 

副作用の危険度:当サイトの基準で記載

 

プルエスト(PULUEST)の配合成分に危険なものは含まれていないのか検証してみました。

 

記載されている成分表を見る限り、危険の疑いがある成分は一切使用されていないようです。

 

よく耳にする防腐剤や酸化防止剤、鉱物油、香料、着色料に加え、肌への悪影響が考えられる石油系界面活性剤・シリコン・剛性ポリマー・アクリル系増粘剤・紫外線吸収剤・旧指定成分は全く含まれていません。

 

そのうえ、プルエストマンナンジェリーハイドロウォッシュは、第三者機関による厳しいアレルギーテストもクリアしていますので、非常に安全性の高い洗顔料だと言えるでしょう。

 

さらに国内のGMP認定工場において、医薬品と同レベルの品質管理を行っていますので、これ以上ないほどの高品質な洗顔ジェルと言っても過言ではないでしょう!

 

敏感肌の私でも全く問題なく使えましたので品質は折り紙付きです。

 

肌へ少しでも不安を感じたら高効果で安全性の高いプルエストを是非使ってみて下さいね!